ピンボールボーダーとは?

特殊合金溶接から一般配管溶接まで幅広い分野で対応

 電気事業法に基づく、溶接自主検査対象配管溶接並びに化学プラントの特殊合金溶接から一般配管溶接まで幅広い分野で溶接を実施しています。

特徴

 溶接工事を一式おこないます。(設計から、工程、品質、安全管理)

  1. 蒸気、水等の配管溶接(高温、高圧配管から常温、常圧配管)
  2. 燃料配管(重油配管、NG配管)
  3. ボイラチューブ溶接(炭素鋼、CrMo鋼、SUS鋼)
  4. 化学プラントの特殊合金配管溶接(高Cr、高Ni配管)
施工・販売実績

電力会社および卸電力事業(IPP)参入企業を始め、様々なお客さまに対し施工実績があります。 

施工場所 種類 種類 種類 種類

大阪府
某発電設備

LPG配管新設(溶接308ヶ所)

Φ762.0
Φ660.4
Φ508.0他

ISO03183X65
STPG370
SUS304

22.6
18.9
15.1他

岡山県
某発電設備

第2抽気 工場送気蒸気管
過熱器過熱低減器出入口連絡管他新設(溶接139ケ所)

Φ508.0
Φ355.6
Φ267.4他

STPT410
STPA24
STPA22

18.5
19.0
32.95

新潟県
某発電設備

ボイラ給水配管修理(溶接9ヶ所)

Φ165.2

STPT410
SUS304TP-S
SCPH2

18.2

◆資格保有者状況

JIS溶接士: 23名
ボイラ溶接士(普通、特別): 7名
電気事業法 溶接士: 23名
WES8103溶接管理技術者: 140名
(特別級、1級、2級)

【溶接工場】「原子力技術研修センター」の一部を火力・原子力両本部の溶接工場としています。

溶接作業
溶接作業
溶接作業
 
溶接自主検査
溶接自主検査
トップへ戻る